ぐるぐるしています。

あちこちうろうろしたりふらふらしたりしていますが、心はいつも同じ所をぐるぐるしているような気がするようなしないような。

いつか聴いたあのメロディーについて

コロナでお祭りも自粛に次ぐ自粛のマレーシアより、毎度の近況報告です。
例年砂絵で盛り上がる(?)ディパバリも、今年はなんだか静か。

www.terima.work

 

 

かと思いきや、参加できるイベントはないのに、
どこからかともなく深夜の住宅街に響き渡る破裂音。

インドの人も中国の人も、なんでこんな爆竹好きなん。
明日も早番なんでまじで寝かして下さい。。。

 



そして次のイベントと言えばクリスマス。
スタバの限定カップに、ささやかなときめき。

f:id:cotomo:20201119185033j:plain

♪じんぐるべーじんぐるべー

 

ぼちぼちと年末ですね。

 

さてジングルベルはもちろんクリスマスソングなんですが、
こういうイベントとは全く関係ないのに、そしてどうゆうタイミングで
どこで聞いたのかも覚えてないのに、
やたら子供の頃から耳に張り付いてる曲ってありませんか?

 

同世代の方にはもしかしたら「ああ、コレ!」って
思ってもらえるかも、な曲をステイホームの休日にYou tubeで漁ってみた備忘です。

 


 

Che Che Cooley


ガーナの民謡、というか子供の遊び歌かな?

多くの日本人は「二酸化マンガン、酸化マンガン」と
歌っていたと思うのですが、こうして聞くと結構無理な感じがします。
正直どれがほんとかと言われてもわかんないけど。。。

 

Shalom Chaverim


イスラエルの民謡。
「さらば友よ、また会うときまで」という意味だそうです
♪えーひっこらおーれーひっこらおー とか歌っていた記憶。(意味不明)

 

誰がどう歌っても悲しい旋律なのですが、このダークダックスバージョンの
弦楽器のトレモロとか、地の底から響くバリトンとか、すごいですね。
控えめに言っても二度と会えなさそう。

 

さいざんすマンボ


そろばんを楽器にしたり、ローラースケートにしようと試みた記憶は
昭和中期のお子様はみんなあるんじゃないかと思います。(うちだけ?)

 

この動画中にはなかったんだけど、確かオリジナルEPには、あの有名なフレーズ
♪あーなたーのおーなまーえなんてーのー?
も、間奏に収録されていた記憶。

 



事柄の記憶は普通に「記憶」なんだけど、
音楽って「感情」がダイレクトに呼び起こされる気がします。

 

いつ、どんな場面で、とか具体的なデータが思い出せなくても
ちょっと切ない「何か」をもって、当時の自分と再会できたりするのかもしれませんね。
(何があった)

 

Danny Boy (ダニー・ボーイ, アイルランドの民謡)

Danny Boy (ダニー・ボーイ, アイルランドの民謡)

  • provided courtesy of iTunes