ぐるぐるしています。

あちこちうろうろしたりふらふらしたりしていますが、心はいつも同じ所をぐるぐるしているような気がするようなしないような。

Think CIVILITY「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である【読書感想文】

帰国後何十年かぶりの「共同生活」の中
同居人達との価値観の違いや、言動の粗雑さに心すり減らす毎日。
偶然ご近所のブクオフで見つけた本書を、手に取ってみましたの備忘です。

 



Think CIVILITY
「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である

 


 

「礼節」を科学する

 

相手を大事に、敬意と礼節を持って接する、というのは日常でも仕事でも本当に当たり前の大原則。

 

本書はその「当たり前の事」をしっかり実行するメリットと、

それができない人(やろうとしない人)がいかに周囲に悪影響をもたらすか、

という事について、数々のシチュエーションやケースを用いて細かく解説しています。

 

結論をものすごくかいつまんで要約すると

  • 礼節を持って人と接する
  • →相手も場も和む
  • →協力しやすい環境が生まれる
  • →人間関係がよくなる
  • →会社なら業績アップにつながる
  • →だから大事なんだよ!


という事なんですが。。。

f:id:cotomo:20211227150205j:plain

こう聞くと。。。

ほんと普通すぎて目新しい部分はないようにも思えますよね。

 

ただこの考えを「主軸」に行動したり、組織を動かす事を意識している人はどれだけいるでしょうか。


あたりまえの事、なのに「見栄」「感情」「癖」でそれらをおろそかにしたり、
回り道のように感じて、つい「強制」したり「命令」したりしてしまう事も多いのでは。

またそんな人に振り回されて「自分の何が悪いんだろう」と不要に思い悩んでしまったり。。。

 

礼節ファースト。

全てはここから始まるんだよ、という事を一冊通してじっくり教えてくれます。


「礼節を高めるメソッド」や「無礼な人への対処法」など
読後からすぐ心がけたい具体例も豊富に紹介されてます。

 


こんな方におススメ

 

ギクシャクしてる環境を整える、根本的なメソッドが知りたい

 

何かを今無理やり変える、の対症療法ではなく
「敬意と礼節」を持った行動を、日々意識する。

これこそが最終的な答なのではないでしょうか。

 

作中第2部「あなたの礼節を高めるメソッド」を実行に移す事で
まずは自分自身がレベルアップ。

感じ方や見え方が変わる事で、またはそれにつられて周囲から

環境も快適に変わっていきそうです。

f:id:cotomo:20211227150329j:plain

 

正直「礼儀正しさ」が大事、というのは和を貴ぶ、こと我々日本人にとっては
それが仮に半分様式美のような物であったとしても
あまりにも普通の事で、内容自体に目新しさは感じづらいかもしれません。

 

しかし何を持って「礼節ある」とするかは環境次第。
無礼な人が増えたなあ、という印象を受ける要因に、作者さんは文中で
グローバル化や世代格差もあるのでは、と語られています。

 

作者さんの母国アメリカを始め、世界の多くの国は
人と接する時に「礼儀正しさ」を意識する事は少ないように思います。

そんな方々にとっては、とても斬新な意見として映ったかもしれませんね。

(優しくない、という意味ではありませんので誤解なきよう)

 


 

仏教には「和顔施」や「薫習」という言葉がありますね。
笑顔を絶やさない事はそれだけで善行であり、
よい習慣は自分へも周囲へも、香りが移るように伝わっていくよ、という意味。

f:id:cotomo:20211227150520j:plain

今一度パフォーマンスとしての「礼儀」ではなく、
本来の意味での「礼儀正しさ」を見つめなおしてみたいと、改めて思った次第。

 

腐らずに頑張ろう、まずは自分から!

読書感想文 本ブログ・テーマ
読書感想文